ポリスからの電話でドキッとしました。でもこれからほっとしました。

 ごちそうを食べてる場合、うちのある街からの電話が入っていた。何事なのかと問い合わせを感じながら受話器を摂る。その連絡の向こうには婦警からだった。うちには年老いたマミーが独身をやる。彼は独身は無理という結果かかりつけの病院からの連絡を受けていたので気持ちは焦った。ひょっとしたらという当惑だけがありました。
兄の携帯に連絡をしてポリスからの連絡があったことを伝えようとしても留守電だった。懲りずにまた用いるが誤り電話をかけてしまった。
 うちに電話をかけても指が想う通りに動いてないスピードがありました。
 何とか、兄に情報がついたら女の子がそばにあることをわかりなんとか喜びをして、また婦警の方へ折り返し電話をかけることになりました。
 うちの方にはお巡りさんが訪れていているが室内にはガラガラとのことでした。
えっ・・堅実兄はうちにいるみたいなことを言っていたようだけど自分の勘違いだったのでは、一際婦警の方に兄の電話の電話を伝えた。
マミーも元気にいるようでセキュリティをしましたけどちゃんとひやりとしてひとときがあって怖かっただ。