毎日さすがに食事を食べる毎に愚痴は辛いですね。

私の主人は一年中わたしが夕食を作って食べる毎に必ずや文句を言って来る。あれを食べたからお腹の概況が悪くなったとか、今日のあの惣菜は美味しくなかったとか、自分が作ったほうが美味く出来るとか、とにかく何かをわたしに言わないと気が済まないみたいで、たまたま毎度食事を作るのが不愉快になります。でも、嫌になったからと言っても主人が進んで夕食を作って得る事態なんて1年に1度有るかないかくらいなので、元来誰にも頼れず自ら頑張って作ってある。作ってもしっかり食べてくれた後日文言が生じるのは分かっているので、一際さほど気にしないようにだけ気を付けようと思っています。ファミリーの体調を思って一年中手作りで夕食を作っているのに、全然愚痴ばかり言われてしまうと不愉快になってしまいました。主人には一層面白く明るく、その日気に入らなかった夕食が有っても何も言わないで正しく食べてほしい、そんなふうに思いました。帰路、わたしが献立を作った後日主人が「今日は自らは食べないから」辺りと言って来るのも止めて欲しいな、と思っています。

数日間続いた名刺低減のプロセスがようやく終わりました

数日前から本業で自分の名刺をフォルムして、A3サイズの厚紙にフォルムデータベースをプリント圏外をして、カッターナイフでカットの課題を行っていました。その数は約1000枚から2000枚くらいだったと思います。こういう名刺カットの課題に数日間をかけたわけなのですが、常々連夜、目を覚ましてから昼前4内から5内時分まで、課題が続いておりました。およそですが、その引き伸ばしになってしまっているのでしょう。課題が終わって一年中眼の本日、現在の時間は昼前の2内56パイあんな時間になっても眠気がぜんぜん襲ってきません。年月の気分が麻痺してしまったようで、決定的夜型個人になってしまったようです。布団の中に入って、眼をつむっていれば、寝つけるとよく言いますが、本日に至っては昼なんとも眠ってしまったので、昼前5内内までは、眼がギラギラにさえているのだろうなと思います。何時になったら夜は眠り、午前、昼間には現れる気分を奪い返す事ができるのでしょう。