2000階層前の種子から咲きそろう神秘の「大賀ハス」

遺跡から掘り起こしされた種子が芽吹き、2000時前の花として蘇る。そんな壮大な年数のドラマと重要の神業が世間となったのが「大賀ハス」だ。千葉市の遺跡で掘り起こしされた大賀ハスは2000時前のハスとして注目を浴び、今や国に150ヶ所以上に植え込まれ、友好と穏やかの証として大切にされています。最近、こういう貴重な大賀ハスを見る機会がありました。俺が見たのは、鴨川市北小街角で栽培されている大賀ハスでしたが、あちこちが水田だったので「正にこんなところに大賀ハスがあるのだろうか」と思わず心配になりました。しかし、水田を一心に見てみると、とある一帯だけピンクに染まっていらっしゃる。これが大賀ハスとの触れ合いでした。近づいてみてみると、有志のほうが丁寧に育てているようで、1800坪間近い水田の角が合計大賀ハスで埋め尽くされているのです。訪れた時期がピッタリ見頃だったようで、軽装見るハスよりも淡いピンクの花が至ってお洒落であり、ふっと2000時という長い年月に気持ちを馳せてしまいました。悠久の時期を経た大賀ハスですが、全国各地に栽培されている業者が点在しています。金字塔訪れ易いのは成田空港の日本ガーデンで在る大賀ハスだ。とにかく一度、長い熟睡から覚めた大賀ハスを見てみてください。その神秘的な美しさに感動すること間違いありません。