『100均フリーダム』はどんなに落ち込んだときでも笑える名作!電車の中では閲覧注意です。

ちょっと前に出た本になりますが、内海 慶一さんの『100均フリーダム』という本が、とにかく笑えます。今や生活に必要なものは何でも揃う、こんなものまで100円で買えるの!?というものが揃う便利な100均ですが、そんな商品の中でも異彩を放つ商品が隠れているんです。不気味な青い目のパンダや、使用用途不明の置物、子どもが作ったほうが上手にできるんじゃないのかと思わせるクオリティの人形まで…どんなに不出来でもOKが出て、店に並んでしまうゆるさ、それらを「100均フリーダム」と名づけ、コレクションとして紹介しています。そのアイテムチョイスや、目の付けどころがとても独特で面白いのに加え、作者の文章センスが秀逸で、深く考えさせられるものもあります。それはひとえに、作者の「100均フリーダム」への愛着の深さが成せる技。これを読めば、便利な100均というイメージだけではなく、100均の新たな魅力を探りに行きたくなる作品です。

マウスポインタやアイコンなどに関して実践

初め手直しに関して研究しました。ディスプレイ上の挿絵(アイコン)をマウスポインタで操作することにより、コンピュータの色々な手直しを行えるようにしたものをGUIといいます。アイコンは、絵文字ともいいます。従前、コンピュータの手直しにはコマンドってよばれるコマンド報告をキーボード周辺から入力する必要がありましたが、GUIによりユーザが様々コマンドを知らなくても直感的にアプリの手直しができるようになりました。パーソナルコンピュータの代表的なOSは、複数のソフトを一気に実行することができます。また、ソフトの露呈領域ですディスプレー(窓)を、ディスプレイ上にいくつ表示することができる広範ディスプレー仕掛けをもちましていらっしゃる。このため、複数のソフトを起動して置き、マウス操作でディスプレーを選択して利用したり、ソフト間で統計の置換や協力を行ったりすることができます。起動はソフトを使用できる状態にすることです。起動企画は、コンピュータ自体中の発光メモリなどに予め記録されていらっしゃる。知らないことを研究できて良かったです。

梅雨のこの時期、雨の日はどんな過ごし方をしていますか?

梅雨に入って、雨の日が続いています。
洗濯物は乾かないし、外出時は靴がびしょ濡れだったり、気が滅入る時もありますが、私は意外と雨の日って嫌いじゃないんです。
一日家にいるような予定の日に雨の場合は、「座ってすることをメインにする日」にしています。
たまっている領収書の整理。出そうと思ってなかなか書いていなかった手紙を書いたり。パソコンでメールや写真の整理。
気になっていた取れかけのボタンを付け直したり。
録画してた番組を片っ端から見ながらのアイロンがけ。いつもはアイロンがけしないようなものも、ついでにアイロンをかけると、気持ちもスッキリします。
見た番組も次々と消去すると、容量いっぱいだったHDDにも空きが出来てスッキリ。
それでも時間があったら、コーヒーを淹れて読書タイム。
薄暗い雨の日の読書は、集中できて、楽しいですよ。
買い物に出かけるとか、あちこち掃除するとか、座っていられない用事は沢山あると思いますが、あえて今日は「座ってするものだけ」と決めると、細切れにするよりもはかどったりするものです。
反対にお天気の日には、「体を動かす用事の日」と銘打ったりしています。
まだ雨の日も多いかと思いますが、楽しい雨の一日にしましょう。

プレートのことと大陸転居ロジックの事件に対して

プレートなどに対して実践をしました。世界の地震の震央の分布を見ると、プレートの境界ってしばしば一致しているのが分かります。プレートの運動にて、山脈の開設や地震、火山動きなどの症状を同等系に説明することができるようになりました。ヒマラヤ山脈は、ことなるプレートにのったインド大陸ってユーラシア大陸の衝突にてできたと考えられます。2つの大陸にはさまれた海底の堆積物は、力強くしゅう曲・隆起して、現在のルックスが形成されました。このため、ヒマラヤ山脈の真っ盛り周囲で、昔の海の鳥獣の化石が見られます。次は、大陸動き風評にあたって実践しました。海洋下開発風評は多くの測量DBにて裏づけされ、プレートテクトニクス(地球の外層部がいくつかのプレートに分かれてあり、それらが平ら移動しているという感性にもとづくロジック)へという発展していきます。このようなことを覚えましたが、知らないこともあったので一層細かく引っかかるなと思いました。

じん臓についてとホ乳類について勉強しました

じん臓などについて勉強をしました。じん臓は、約100万個のネフロンという単位からなり、血液によって運ばれた不要物をこしとります。また、尿のもとを再吸収して血液中の水分や塩分の濃度を調節します。次は、皮膚についてです。皮膚には、温度や痛みなどを感じる感覚点が分布し、外界のようすを感じとることができます。さらに、皮膚には体温を調節するはたらきもあります。暑いときには、汗せんから汗が出て蒸発すると同時にからだの熱をうばって体温を下げます。寒いときは筋肉が縮んで皮膚の穴をふさぎ、熱が出ていくのを防ぎます。これが鳥肌です、次は、ホ乳類についてです。呼吸は肺呼吸です。体温は、恒温(周囲の温度が変化しても体温を一定に保つ)です。心臓は、2心房2心室です。うまれ方は、胎生(親の体内で子を育て、幼い子をうむ)です。このようなことを勉強しましたが、ネフロンなど知らない言葉も出てきたので、とても勉強になりました。

ツバメの雛が蛇に襲われそうになり危機一髪

ツバメが玄関の外灯に巣を作り卵を産みました。
卵を生んで3日後くらいに、親鳥が朝から、それはそれは、うるさくて何が起きたんだろうと覗いてみましたが
ただ、巣の周りを泣きながら飛ぶだけで回りはかわった様子はありませんでした。
それから一時間後、落ち着いたかと思いきや再び激しく鳴き始めましたから一緒に住んでいる主人のお母さんが見に行くとへびが玄関を這い上がり巣にめがけて行きそうになっていまさした。
主人のお母さんはへびを素早く長いホウキで捕まえて逃がしました。
親鳥はその姿を電線からしっかり見ていました。
長いへびでかなり大きかったので、もし、雛が襲われたら丸のみされていたと思います。
私も雛が何羽生まれているかわからなかったのですが、主人と協力して巣のなかを見てみると、頭のてっぺんに毛が生えた雛がいました。
とっても可愛くて食べられなくて良かったと安堵しました。
それから親が餌をやる時だけは、少し頭が見えるようになり成長を見守る事が出来る事が嬉しいです。

豊かな人間性についてと流通について勉強した

活用能力などについて勉強しました。すぐれた会計活用能力を身につけた人が、会社の利益を大きくみせようと嘘の書類を作成したりするのは豊かな人間性があるとはいえません。利益だけを優先して環境を破壊したり、消費者の立場を無視して製品を生産するようなことも、豊かな人間性が欠けているといえます。豊かな人間性は、集団のなかでともに生きるための、最も根本となるものです。商業科目を学んで身につけた力は、社会のなかでともに生きる人々のために発揮してこそ、本当に価値があるのです。そして、流通ビジネスについて少し勉強しました。流通ビジネスでは、マーケティング能力を身につけるため流通のしくみや役割を中心に、流通に関することがらについて学びます。たとえば、ふだんの生活のなかでよく利用するいろいろなお店のことや銀行・保険のことなど、あるいはヒット商品のことやビジネス世界で必要な計算能力や文書の作成の基本などを学ぶので楽しみです。キレイモ 回数